読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新惑星発見?

太陽系には9つの惑星があると我々は教えられたものです。

しかし2006年、国際天文学連合により冥王星準惑星に降格されてしまいました。

従って、現在、太陽の周囲を回っている惑星は8つということになります。

 

ところが、です。

 

冥王星を含め、海王星の外を回る天体を総称してENTO(エント)と呼びます。

エントというのは

Extreme trans-Neptunian objects(海王星の外側周回物体)というまんまの呼び名の頭文字です。

日本語では「太陽系外縁天体」と呼ぶそうです。

英国王立天文学会の学会誌「MNRAS」(こっちはMonthly Notices of the Royal Astronomical Society=王立天文学会月報の頭文字)によると、十数個のETNOを観測したところ、太陽からの距離が150~525天文単位と いうかなり広い範囲に散らばっており、それらの軌道面は惑星の軌道面から何故か20度ほど傾いているのです。

この実測値は理論値と大きくかけ離れています。

 

「これは、何故だろうか?」

 

と考えたスペインとイギリスの天文学者

 

「ETNOよりずっと大きな天体、つまり惑星が近くに存在し、ETNOに影響を与えているのではないか」

 

と主張しています。

 

f:id:gingastage:20150120162844j:plain

 

9年前一つ減った惑星が、また増えるかも知れません。

株式会社 銀河ステージ