読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かが宇宙からやって来た!

A「なあ、あれがこっちに来てから、かれこれ11年になるなあ」

B「もう、そんなになるか?」

A「最初は何が落ちて来たんやろうと思ったわ」

B「ほんまにな。クレーターの中にスポンと入って来よったもんな」

A「ホールインワンや」

B「目玉みたいなもんキョロキョロさせてたけど、しばらくしてあれがカメラやとわかった」

A「ここの写真撮ってたんやね」

B「走り回ってるうちに砂の中に落っこちて6週間ほどもがいてたなあ」

A「あの時は大人しいなって助かったと思ったけど」

B「自力で抜け出したもんな。びっくりしたわ」

A「もう、42キロも走り回ったらしいぞ」

B「凄い、フルマラソン完走やんか」

A「全部、遠い星の宇宙人が遠隔操作してるらしい」

B「いっぺん、わしらがカメラの前に行ってピースサインでもしてやろうか?」

A「あははは、宇宙人、びっくりしよるやろうな」

 

 

 

 

NASAの火星探査機オポチュニティの火星での活動が12年目に突入。

1協定世界時刻2004年1月25日午前5時5分(日本時間26日午後2時分5分)に火星に着陸し、予定されていた火星時間で90日というミッションを遥かに超え、耐用 期間の10倍以上もの時間を火星で過ごし、今も現役で火星探検中。

http://ginga-net.com/top.html

f:id:gingastage:20150128162623p:plain